長期間使わないときはプラグを抜いておきましょう

再稼働時はコンセントを入れて8時間は置きましょう!!

エアコンのオフシーズンや旅行などで長期間使わない場合は、プラグを抜いて置くことで節電になります。
ただし、連続して使用されるオンシーズンには、こまめにプラグを抜き差しせず、差したままにしておきましょう。

 

注意事項
長時間使われていなかったエアコンをプラグを差し込んですぐに稼働させると、機械に負荷を与えてしまい故障の原因となります。
再びエアコンを使用するときは、必ずコンセントを入れてから8時間以降にスイッチを入れましょう。

業務用エアコンに関するご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ!

  • 0120-315-800 受付時間9:00~18:00(土日祝除く)
  • お問い合わせフォームはこちら