フロンの漏えい点検が義務化

点検が義務化されました!!

フロン回収・破壊法が改正され、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「フロン排出抑制法」)として平成27年4月1日から施行されました。

第一種特定製品の管理者(ユーザー)は、機器の使用時に以下の取り組みが求められています。

点検
・点検実施頻度:3ヶ月に1回以上実施が必要
・点検対象者:問わない(管理者でも外部委託でもかまわない)
・対象機器:すべての第一種特定製品

記録
機器の点検・整備費記録は保存し、一定量以上漏えいした場合は報告

報告
フロン類が一定量以上漏えいした場合、年次報告の義務があります。

 

第一種特定製品とは?
業務用エアコンディショナー及び冷凍冷蔵機器であって、冷媒としてフロン類が充てんされているものです。例)店舗オフィス用エアコン、ビル用マルチエアコン、設備・工場用エアコン、ターボ冷凍機、自動販売機、ショーケース、製氷機等

詳しくは、環境省「フロン排出抑制法ポータルサイト」をご確認ください。
http://www.env.go.jp/earth/furon/

業務用エアコンに関するご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ!

  • 0120-315-800 受付時間9:00~18:00(土日祝除く)
  • お問い合わせフォームはこちら